Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【S&P500ETF】最もお手軽簡単にお金持ちになれる最強の株式投資法を紹介する!

   

私はシーゲル流の配当再投資戦略を実践しています。この投資法が長期投資としては最も有効だと信じています。

でも、それと引き換えに投資本読んだり、ETFの中身を調べたりするためにかなりの時間を割いています。このブログを書いている時間まで考えたら、途方もない時間になります。

でも私はそれでいいんです、私にとって株式投資とは一種の趣味だからです。

登山が趣味の人は山に登って降りるという行為は意義ある素敵な行動でしょう。でも登山が趣味でもない私にとって、単に山道を登って降りるという行為の楽しさはあまり理解できません。

同じく多くの人にとって私のように企業分析したり株式投資の本読んだりすることの何が楽しいのか理解できないでしょ?

そりゃそうだと思います。私は結構規模の大きい上場企業の経理部に勤務していますが、その経理部内でさえ共感されないくらいですから。

好きな趣味や価値観なんて人それぞれですから、何が正しいとか全くないわけです。

投資が趣味ではない、でも将来の為に投資で資産運用したいと思っている人は多くいると思います。

そういう普通のサラリーマン投資家には、インデックス投資がお勧めです。

特に米国大企業に幅広く投資できるS&P500ETFへの長期投資を強くお勧めします。

S&P500ETFと言っても具体的にどれを買うのがいいの?、どこのネット証券で買うのが一番いいの?っていう実務的な疑問がありますよね。

それにお答えします。

スポンサーリンク

  最強のS&P500投資法

結論から書きます。

私が思う万人が使える最強の投資法はズバリ、、

 

 

カブドットコム証券のフリーETFで”1557″を買い続けることです。

“1557”はSPDR S&P500ETFという名称の商品で、米国S&P500指数に連動する国内ETFです。
信託報酬は0.0945%。

長期投資では手数料をなるべく抑えることが大切です。特に永続して発生する信託報酬には注意すべきです。

信託報酬が最も安いS&P500ETFはブラックロックのIVVで0.04%です(2016年11月現在)。

ただ、このIVVは米国ETFなので安くはない買付手数料が発生します。私が利用している楽天証券では取引毎に25ドルも掛かります。他のネット証券ではもう少し安いですが、それでも毎月コツコツ買うには無視できない買付手数料が発生することになります。

サラリーマン投資家の多くは毎月のお給料を頑張って貯蓄して投資資金を確保しているはずです。1回の投資金額は数万円~10万円ではないでしょうか?ボーナスが入れば50万円くらいを投資できるかもしれませんが。

多くのサラリーマン投資家は今手元に1000万円あってそれをドカッと投資するのではなく、毎月のお給料からコツコツ投資することを考えているはずです。

で、あれば買付手数料もなるべく安く抑えるようにすべきです。

インデックスファンド(投資信託)であれば最近は買付手数料無料(ノーロード)が主流ですが、ETFは買付手数料が発生するのが普通です。S&P500ETFだって例外ではありません。

でも、唯一ETFの買付手数料を無料にできる方法があります。

それが、カブドットコム証券のフリーETF。

フリーETFについては以前記事で紹介したのでこちらをご参照ください。

フリーETFで手数料無料になるETFは限られていますが、その中にS&P500連動のETFが一つだけあります。

それが”1557″です。カブドットコムのフリーETFを使えば、”1557″に買付手数料無料で投資することができます。

これは非常に便利だと思います。私も以前はよくお世話になっていました。よくお昼休みにぽちっと10万円くらい”1557″を買っていました。今でも”1557″を100万円ほど保有しています。

私は楽天証券ユーザーですが、このフリーETFの魅力に負けてカブドットコム証券でも口座開設したのです。本当は資産管理をシンプルにするため証券口座は一つにしたかったんですけどね。

”1557”の信託報酬は年率約0.09%と、米国ETFのIVV(0.04%)やVOO(0.05%)と比べると割高ですが毎月の購入手数料が無料という点を加味すれば、毎月コツコツ投資する人にとっては”1557″の方が有利だと思います。

“1557”は国内ETFなので円貨で取引が完了する点も日本人フレンドリーです(為替リスクはあります)。

私は今でこそ米国ETFに何のハードルも感じませんし、「米国ETFもネット証券から手軽に買えるよ!」って他人にお勧めできます。でも投資を始めたばかりの頃は、海外ETFと聞いただけで抵抗感がありました。

海外ETFと聞いて、ちょっと難しいそうだな、ハードル高いそうだなって思う人いると思います。

であれば、単純に国内ETFを買えばいいんです。同じS&P500連動である以上、期待リターンも負っている為替リスクもすべて有名米国ETFと全く同じです。

“1557”の唯一の懸念は流動性の低さで、1日の当たりの取引高は2千万円程度しかありません。ですが、1回当たりの購入金額が~20万円程度あれば特に問題にはなりません。

長期でS&P500平均を超える投資法はあると思いますよ。

でも、それを目指しますか?
投資法や銘柄研究とかに時間を取られますよ?

PER、PBR、DPS、配当利回り、WACC、自社株買い、現在価値とかの用語を知っていますか?
最低限の会計知識はありますか?
このくらいの基本概念や知識がないと、市場平均を超えるパフォーマンスは無理だと思いますよ。

え、知らない!?

大丈夫、そんな用語知らなくても長期投資ではお金持ちになれます。リスクをとる覚悟と最低限の金融リテラシーさえあれば、お金持ちになれることが長期投資の大きなメリットです。

最も手軽にお金持ちになれる方法がインデックス投資です、S&P500ETFへの長期投資です。

カブドットコム証券のフリーETFで”1557″を買って放置しておけば(出来れば分配金は再投資しましょう)、あなたも気づけばお金持ちになっていることでしょう。

    お金持ちになりたいなら

これを単純な投資法だと馬鹿にしてはいけません。

はっきり言いますが、世の中の95%の人は株式投資はギャンブルだと、株式投資は汚いもの、額に汗して地道に労働することが正義なんだと思い込んでいます。

株式投資は意義あることなんだ、株式投資をすれば”正当な対価”として長期的に大きなお金を稼ぐことができるんだ、と気づいているあなたは(このブログのこの記事にたどり着いてるあなたは気付いているはず)、すでに世間大衆から脱却できている上位5%なのです。

世の中の95%の人はS&P500ETFという選択肢にすら辿り着くことができません。

日本の小型株で火傷を負って、FXで多額の含み損を抱えて、そうして「もう投資なんてやらない!!」となる人が圧倒的に多いわけです(それは投資ではなく投機なんですけどね、それにすら気づかない)。現に私の周りでもFXでやられて投資嫌いになっている人がいます。

S&P500ETFという答えに辿り着いているあなたは、すでに長期株式投資の勝ち組です。

本屋さんに行けば「1年間で100万円を1億円にした!」的な本もたくさん置いてあります。確かにそういう”幸運”な人もいるでしょう。

でも騙されていはいけません、世の中そんなに甘くはありません。魑魅魍魎の投資の世界で自分だけ簡単に一億円稼げるなんて、そんな甘い幻想は忘れましょう。

投資で変に特殊解を求める必要はないんです。シンプルイズベストです。時間をかけてゆっくりお金持ちを目指すのが株式投資の王道です。

若いうちにミリオネアになりたいなら株式投資で過剰なリスクをとるのではなく、投資以外のビジネスでリスクを取ったほうがいいです。起業するとか、投資銀行で10年間死ぬ気で働くとか。

老後でお金に苦労なんてしたくない、世間一般よりはお金持ちになりたい、1億円くらいの資産は欲しい、普段日常生活を送るうえでお金の心配はしたくない、という程度の願望であれば毎月コツコツフリーETFで”1557″を買い続ければいんです。

この方法で長期株式投資を続けて30年~50年後、金銭的に成功していなかったら私を訴えて下さい(笑)。

社会保険料とか税金とかバカ高いですよね。毎月頑張って残業しても国に3割くらい取られてアホみたいに思えますよね。でも、これは仕方ない。個人が国家の徴税権に文句言っても無駄です。無駄なことに労力を割くのは人生の浪費です。

だから、毎月コツコツ10万円を”1557″に投資するってとても難しいことです。

毎月10万円貯金するだけでも難しいのに、投資に回す余剰資金を毎月10万円前後用意するのは一部の高給取りを除いては、一定の努力が絶対に必要だと思います。

そこを頑張るかか頑張らないかはあなた次第です。

今の快楽的消費をとるか、将来の金銭的成功をとるかはあなたの価値観次第です。どちらが正解とかないと思います。一度の人生をどう生きるかあなたの選択です。

後者の将来の金銭的成功を選択するなら、やるべきことは先に述べたとおりです。

仕事を頑張って毎月投資資金を捻出して毎月コツコツ、フリーETFで”1557″を積み立てればいいんです。

S&P500ETFにたどり着ける人は全成人の5%くらいだとして、実際に20年間以上これを積立続けることができる人はその中の10%くらいではないでしょうか。感覚ですが。もっと少ないかな?

5% × 10% = 0.5%

0.5%、1,000人に5人くらいかな、S&P500を積み立て続けることができる人は。

何が言いたいかというと、フリーETFで”1557″を積み立てるという投資戦略はとっても単純なのですが、これを継続できる人なんてほとんどいないということです。

その選ばれし5人になれるかどうかは、あなたの努力次第です。

庶民がミリオネアになる”方法”は簡単ですが、”実行”するのは難し。

自分の証券口座に100,000,000円と表示されている事態を想像できますか?イメージから入る戦略も有用かもしれませんね。思考は現実化するって言うじゃないですか。

30年後、あなたの証券口座に1億円、いや2億円3億円あることを願っています!

株式リターン

 - 投資実務