Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

男の経済的自由、女の経済的自由

   

この前、新宿のスタバでブログを書いてたら、横に20代後半くらいと思しき女性二人が談笑していました。別に盗み聞ぎするつもりはなかったのですが、なんせ声が大きかったので嫌でも話し声が耳に入ってきました。その話がちょっと面白かったです。

Aさん「最近ほんっとに結婚したい!って思う。」

Bさん「また言ってるww」

わちゃわちゃ5分くらい会話(内容覚えてない)

Aさん「年収は500万円以上が条件」

Bさん「なんで?」

Aさん「別に仕事辞めたいわけじゃないけど、辞めようと思えばいつでも辞めれる状態になりたいの。500万円くらい稼いでもらえれば大丈夫でしょ。」

わかるー、って横で聞いてて思いました。あ、聞いてたわけじゃなくって勝手に耳に入ってきただけですよw。

そうそう、別に仕事を辞めたいわけじゃないのよ。もし嫌になったら不安なく気軽に辞めれる状態になりたいだけ。選択権、オプションを持ちたい。生活のために何があっても気合で出社しなくちゃならない奴隷状態からの脱却。それが経済的自由の獲得だと思っています。私はそう定義しています。

今3億円貰っても多分会社は辞めないです。暇でやること無くなりそうだから。読みたい本、観たい映画、旅行で行きたい場所、たくさんあるけど今まで仕事だった平日8時間がぽっかり空くとなんか時間を持て余しちゃいそうです。一緒に遊ぶ友人もほとんどいないし。

でも仕事を辞めようと思えば辞めれるだけの経済力は欲しいです。その方が仕事にも余裕が生まれます。嫌な上司の言いなりになる必要もなくなるし。会社に対する交渉力が増すということ。「気に入らない部署に異動なら転職しますんで~」とは決して口にしないけど、それくらいの心構えで働きたいものです。そのためには市場価値のあるスキルと経済力の両方があると理想です。

会社に依存しないキャッシュフロー源として株式投資に光明を見出しました。現在のS&P500平均のPERは17倍~18倍、益回りは5%~6%。私のポートフォリオも概ね同じくらいだと思います。今の運用資産は約2,400万円だから益回り6%を掛けると年間144万円の利益です。すっごい皮算用ですが、長期で10%のリターンを得られると仮定すると年間240万円の利益です。一人暮らし前提なら、最低限の生活費は株で稼げる状態になりつつあります。この調子で増やしていきたい。ストックというよりフローを増やしたいです。

男は親がよほど裕福でもない限り、自力で経済的自由を獲得するしかありません。サラリーマンにしろ投資にしろ起業にしろ。金持ちの女性に養ってもらって専業主夫になるという選択肢も理論的にはなくはないですが、まあ現実的ではないでしょう。時代遅れの発想かもしれませんが、私は女性に経済的に依存するのはかなり抵抗ありますね。共働きは普通だと思っていますが。

一方で、女性は経済的自由の獲得方法として仕事や投資の他に結婚というのもあります。金持ちの男と結婚できれば働かなくていいかもしれません。経済的自由は言い過ぎでも、結婚によって生活の安定、安心感は増します。女性はパートナー選びが人生に与える影響が男より大きく、また、誰かに愛されたいという欲求が男よりも強い。男は人生自分次第なところがあるけど、女性は自分も大事だけどどういう相手と一緒になるかもかなり重要。だから女性には占い好きが多いのかなってたまに思います。

人はリスク回避的な性格があるという前提を経済学は置きますが、この前提は概ね正しいと自分の感覚として思います。リスクに満ちた人生の方が刺激的で楽しいという人もいますが、安定を求める人の方が圧倒的多数派です。就職活動の様子を見れば一目瞭然。自分もそうです。経済的自由が欲しいなんてリスク回避的発想以外の何物でもありませんから。リスク回避的なのは男女共通。

長い人生の途中にあるあらゆるリスクを回避するもっとも有効な手段は、経済力を付けること。男はそれを仕事や投資に求めるしかないけど、女性はパートナーに求めるという発想もあります。動物本能的にそれは普通のことだと思います。

過去に突然振られた経験とか、飲みの場で友人女性から色々話を聞いてきた経験から一つ思っているのは、女性はイケメンや金持ちを求めているというよりは、結婚制度を求めてるんだなってことです。もしくは子どもが欲しい。このどっちかだなと感じます。一般論ではなくあくまで私がそう感じ取っているだけですけどね。

結婚という制度があるならその庇護のもとにいたいという願望。昔は生活のために好きでもない男と結婚して、床の世話が嫌だったという話を聞いたことがあります。今では女性の社会進出も進んで、生活のために嫌々結婚せざるを得ないことはほとんどありません。

でも、結果として結婚という制度は残っている。時代遅れと言われることもあるけど残っている。法的にカップルと夫婦は全くの別物です。結婚は男性側に経済的な責任を持たせる面があります。それは法的な要素もあるし文化的な要素もあります。特に稼ぎが良い男にとっては、ぶっちゃけ言えば結婚は経済的には損です。

何となくそれがわかっているから女性は結婚制度を求めるんじゃないかなと。あと、制度を利用してパートナーの本気度を確かめたいのかもしれない。あなたにとって経済的、精神的負担のある結婚をしてまで、私を本気で大切にし続ける気持ちがあるのかって。

僕は男女の純愛を全く信じてないわけじゃないけど、ある程度年齢を重ねてからの男女づきあい、結婚なんて基本的には打算の産物でしかないと思っています。でも別にそれで構わないです。動物はみな生きるため、幸せになるために必死なものですし。打算が基本だからこそ、その中にほんの僅かでも無償の愛が見えると嬉しい気持ちになるもんだと思います。

 - 雑談