Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【配当利回りを2つに分解】配当利回り=株式益回り×配当性向

   

私は配当利回りを見るとき、以下の2つの要素に分解することが多いです。
①株式益回り(PERの逆数)
②配当性向

配当利回りは株式益回りと配当性向の積となります。

って急に言われてもピンと来ないですよね、すみません。
数式で書いてみます。

DPS=一株当たり配当
EPS=一株当たり利益

ね、益回りに配当性向を掛けるとちゃんと配当利回りになるでしょ。
右辺のEPSは約分(相殺)されて、「DPS / 株価」だけ残りますよね。

配当性向って普通は「配当総額 / 純利益」で計算すると思いますが、それを一株当たりにすると「DPS / EPS」になります。EPS同士で相殺するために、ただ一株当たりの金額にしているだけです。「配当総額 / 純利益」にしても結果は一緒です。

こうやって配当利回りを2つに分解すると、新しい視点で分析できると思いませんか?
この式は何を意味しているのでしょうか?

そのままですが、配当利回りが高いということは、株式益回りが高いかもしくは配当性向が高い、あるいは両方とも高いということです。

・株式益回りが高い
or
・配当性向が高い
or
・株式益回りが高い かつ 配当性向が高い

では、株式益回りが高いとはどういうことでしょうか?

株式益回りとはPERの逆数です。「株式益回りが高い=PERが低い=株価が割安」と言えます。PERが低いからと言って、一概に株価が割安と言えるわけではありませんが、ここでは一般論として捉えて下さい。

もう片方、配当性向が高いとはどういうことでしょうか?

配当性向が高いってことは、端的に言えば「がんばって配当を捻り出している」ということです。配当性向が80%もある企業は、税引き後利益の80%もの金額を配当に回しているということです。

つまり、配当利回りが高い銘柄は
・株価が割安
or
・がんばって配当を捻り出している
or
・株価が割安 かつ がんばって配当を捻り出している
の3パターンどれかに該当するということです。

配当利回りが高いからと言って、安易に「割安だ~!」と飛びついてはいけません。配当性向が高いだけかもしれません。

今は便利な時代で、Yahoo FinanceやMorning Star等を利用すれば、無料で財務データを見れます。上記の計算くらい簡単にできます。

 

いくつか具体例を紹介します!

コカ・コーラ(KO)

3.4%(配当利回り)
=4.9%(益回り)×70/100(配当性向)

所感:配当性向が高いから利回りが高いんだな~。割安ではないかな~。

 

アップル(AAPL)

1.3%(配当利回り)
=6.3%(益回り)×20/100(配当性向)

所感:配当性向が低いから利回りが低いだけか。益回りで見れば今から投資しても大丈夫そうだな~。

 

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)

2.6%(配当利回り)
=6.2%(益回り)×42/100(配当性向)

所感:そんなに無理せず2.6%の利回りを達成しているな。さすがJNJ。

 

アルトリアグループ(MO)

5.3%(配当利回り)
=7.1%(益回り)×75/100(配当性向)

所感:高い利回りは高い配当性向のおかげか。でも設備投資が少ないタバコ会社だからこんなもんかな。

 

マクドナルド(MCD)

2.8%(配当利回り)
=4.9%(益回り)×57/100(配当性向)

所感:無理して配当を出している感はないな。それで利回り3%弱ならまあまあ魅力的かな。でも割安感はないかな~。

 

ビザ(V)

0.6%(配当利回り)
=3.6%(益回り)×17/100(配当性向)

所感:益回りが低い(PERが高い)のもあるけど、配当性向も低いから利回りはこんなに低いのか。今の配当は小さいけど、数年我慢すればたくさん増配してくれるんだろうな~。

 

以上です。
ぜひ、配当利回りの分解やってみてください!

 - 投資理論・哲学