Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

タイムワーナーとの統合が決まったAT&Tに22万円追加投資。(サッカー冷や冷やしましたね~、決勝T進出おめでとう!!)

   

6月の買付を実行しました。タイムワーナーとの統合が決まった通信・メディア大手のAT&T(T)に22万円投資しました。

AT&Tへは昨年の11月に40万円ほど初めて投資し、今回で2回目の買付となります。
(参考記事)
AT&Tに40万円投資した。配当利回り5.9%はリスクに見合うか?、、さあ、どうやろ。。

 

長い間審査中だったメディア大手タイムワーナーとの買収を、先日連邦裁判所が承認しました。CNNやHBOといった優良コンテンツを手中に収めることになります。ただし、850億ドルという相応の対価を払うことになります。

ただ、個人的にはこの850億ドルという金額はタイムワーナーの価値を考えると法外に高いとは思いません。タイムワーナーの2018年予想EPS7.6ドルに対して、AT&Tの買収金額はタイムワーナー1株当たり103.6ドルです。PERを算出すると13.6倍となり、そんなアホみたいな金額じゃないことがわかります。850億ドルという絶対額を聞くと半端なく感じますが、タイムワーナーの利益を考えるとまあまあ妥当な金額なのかな~というのが素人なりの感想です。

正直言って、AT&Tとタイムワーナーが統合することによるシナジーがどれほどあるのか疑問です。よくわかりません。コンテンツをディストリビュートするAT&T、コンテンツをクリエイトするタイムワーナー、この2社が統合するとどんな良いことがあるのか、勉強不足もあってあんまわかりません。

ただ、そもそもタイムワーナー単独が超優良資産なので別に大したシナジー効果がなくてもAT&T株主には問題かな~と考えています。「素晴らしい事業を、そこそこの値段で買う」というバフェット先生の教えを実行できてる感じがします。なんか将来シナジーあればラッキーくらいに思ってますw。ま、今のAT&Tに対するマーケットの評価を見れば、そんなに統合に対する期待は高くないですかね。

あと、今回の買収によってAT&Tの債務が急増するのでは、という懸念をお持ちかもしれません。私も同感でして、投資するにあたってAT&Tのバランスシートをチェックしました。独断で恐縮ですが、昨年末時点で500億ドル超の手元キャッシュを保有しており、追加の借金はそんなにたくさん必要にはならないと思われます。買収対価のうち現金で支払うのは半分で、もう半分は株式で支払う契約です。ってことは、普通に考えれば追加借入なしでも資金繰りは問題ない計算になります。少しは借入を増やすとは思いますが、買収金額850億ドル相当の借金を追加で抱える必要はなさそうです。

とは言え、AT&Tの債務がさらに増えるのは間違いないことです。その点慎重さも必要ですね。S&P格付けは現在は”BBB+”ですが、ここから1ノッチ引き下げられる可能性が濃厚です。

将来の収益性どうだろうか、バリュエーションは妥当かな、債務負担は問題ないかな~などの視点で改めて検証しましたが、引き続きAT&Tへの投資を継続するという判断に至りました。配当利回りは6.3%で配当好きの私としてはたまらんです。22万円でも年間配当は1万円を超えます。

毎月30万円を目安に投資していますが、今月は20万円ちょいしか投じませんでした。NISA枠がそれしか空いてなかったからです。今回の投資で2018年のNISA枠120万円はすべて埋め終わりました。非課税の配当を楽しみに待ちたいと思います。

 

ギリギリ決勝T進出しましたね~、もう最後まで冷や冷やでした。

ポーランド戦ご覧になりましたか?
最後まで冷や冷やでしたよね。コロンビアありがとう。

もう最後の10分はフジの日本戦じゃなくって、NHKのセネガルvsコロンビア戦を観てたくらいです。スッキリしない突破ではありますが、とにかく結果が大事ですから。綺麗事を言ってる余裕はありません。決勝トーナメント進出できて良かったです!

決勝トーナメント第1戦は、グループGの1位のチームで、イングランドかベルギーです。29日の試合の結果次第です。ですが、どちらも優勝候補の超強豪です。どっちにしろしんどい試合になります。でも、優勝候補の一角コロンビアに勝ったわけですし(一発レッド+ハメス欠場という好条件だったとはいえ)、日本にもチャンスはきっとあります!

決勝トーナメント1回戦(vsイングランド or ベルギー)は、7月2日(月)の27時キックオフです。27時ですよ~、深夜3時ですよw。21時~22時くらいに就寝して、27時前に起きるしかないな。火曜は有休取るかも。日本代表全力で応援します!

 - 売買の記録