Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

深夜3時まで悩んだ末・・ペプシコ(PEP)に20万円追加投資した!

   

あまり厳格な投資ルールは設けていませんが、今年2018年は毎月30万円を目安に投資できればいいな~と思っています。余剰資金は少ないのでちょっとした予想外の大型出費があれば無理になりますが、まあ目安です。生活の質を落としてまで投資する気は今はもうありません。

1月はフィリップモリス・インターナショナル(PM)に30万円投資しました。

2月も何か30万円ほど買おうかな~と思っていたのですが、月初から株価が急落したのを見てちょっと多めに投資することにしました。2回に分けて20万円ずつ計40万円投資しようかなと思いました。予定より+10万円ということで、気持ち多めという程度です。というか、資金力的にこれが限界・・。

2月初めにエクソンモービル(XOM)に約20万円追加投資しました。エクソンに限らずエネルギー株はちょっと売られ過ぎだろ~と思い。まあ分かりませんがね。エクソンは今も約4%の利回りがあり投資妙味があると思います。

そして、今月2度目の投資を昨夜実施しました。

ペプシコ(PEP)にするかゼネラル・ミルズ(GIS)にするか迷いに迷いまくって、深夜3時まで考え込んでいました。PEPとGISの決算書を並べて、配当実績を比べ、配当利回りを比べ、、とまあこんなこと投資する前にしっかりやっておくべきことですね。。

PEPもGISも金利上昇に伴う株価下落で、株式時価は100万円を割っていました。両銘柄とも現在含み損状態です。そこで、どちらかを追加で買い増そうと思ったのですが、優柔不断で3時間くらい悩んでましたw。

んで、結局ペプシコを選びました。

配当利回りはPEPが2.9%、GISが3.8%です。配当大好きの私としては配当がよりたくさん頂けるGISの方に食指が伸びそうでしたが、今後の増配力と収益安全性を重視してPEPにしました。GISも配当はまだまだ安全だと思っていますがね。両社ともハイブランドな製品ラインナップを持っています。

財務的な収益性はどちらも互角です。営業利益率は15%前後で営業CFマージンも同じく15%前後。配当実績も両社とも問題なし。PEPは連続増配45年、GISは連続増配年数こそ14年ですが過去100年以上一度も減配したことがありません。The ディフェンシブ株といった感じです。

あと、GISは昨夜ちょうどM&Aを公表しました。自然食ペットフード大手のブルー・バッファローを80億ドルで買収するようです。GISはかつてペットフード事業を持っていましたが、再度参入するみたいです。人間だけじゃなくって、ペットまで自然食、健康ブームなんですね。GISはここ3年減収が続いていますから、M&Aで業績のテコ入れを図るのでしょう。

このM&A報道を受けてしばらく株価は荒れるかもな~という思いもあり、今回はGISは避けました。よほど株価が高騰しなければ、是非3月度には投資したいと思います。安定した収益力と4%弱の利回りは大変魅力的です。

 

投資はなるべく仕組み化、ルール化した方がいいかもしれません。今日は仕事中ちょっと眠たかったです・・。株式投資が本業に支障をきたすのは良くないことですね。反省です。

しかも100万円投資するならまだしも、たった20万円の投資で深夜3時まで悩んでましたからね。20万円も大金で貴重なお金ではありますが、僕のポートフォリオ規模から考えれば誤差の範囲です。株式資産全体の1%に過ぎません。まあ楽しんでやってるからいいんですけど。

来月はGISを狙ってます。

 - 売買の記録