Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

BlackRock iシェアーズETF 長期投資にふさわしい銘柄を独断でセレクト

      2016/10/03

前回、バンガードのETFの中で長期投資向きのおすすめ銘柄を紹介しました。
“バンガードETF 長期投資にふさわしい銘柄を独断でセレクト”

今回はBlackRockのETFの中で、長期投資にふさわしいと私が独断でチョイスした銘柄をご紹介します。


 長期投資に値するブラックロックのETF

選定の方針はバンガードの時と変わらずで、グローバル分散投資、高配当投資、有力セクター投資を中心に選びました。

一覧表

こちらがブラックロックのおすすめETF一覧。
全部で6銘柄が選出されました。
以下、詳細をご紹介します。

ティッカー 名称 経費率
IVV iシェアーズ・コア S&P500ETF 0.07%
HDV iシェアーズ・コア 米国高配当株ETF 0.12%
DVY iシェアーズ 好配当株式ETF 0.39%
ACWI iシェアーズ MSCI ACWI ETF 0.33%
KXI iシェアーズ グローバル生活必需品 ETF 0.47%
IXJ iシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF 0.47%

 

 

IVV iシェアーズ・コア S&P500ETF

その名の通り、S&P500指数に連動するETFで経費率は0.07%と格安です。

バンガードのVOOは経費率が0.05%なので、それに比べるとやや劣りますが。

投資にこだわりがない人は、このようなS&P500ETFに投資してほったらかしにしておくだけで十分リターンを稼げます。

 

IVV_1IVV_2

IVV_3

 

 

 

HDV iシェアーズ・コア 米国高配当株ETF ※超おすすめ

エクソンモービル、ベライゾン、ジョンソンエンドジョンソンなど76銘柄の高配当銘柄で構成されています。

これは私が最近最も気に入っているETFです!

高配当かつ安定優良バリュー銘柄の目白押しです。
分散され過ぎていない点も気に入っています。

シーゲル教授は、高配当株式による配当再投資戦略や生活必需品などのセクター戦略によって、インデックス(S&P500)を超えるリターンを目指すことができると著書『株式投資の未来』で言っています。
このHDVはそのシーゲル戦略を実現するのに最も適したETFです。

HDV_1

HDV_2

 

HDV_3

配当再投資を加味した利回りですが、5年間で12.7%という立派なリターン。

エクソンやJ&J、ベライゾン、シェブロン、ファイザーといったグローバルの超優良銘柄群で、HDV一本でこれらの企業の株主になれることが何か妙な恐ろしささえ感じます。

セクターはエネルギー、生活必需品、ヘルスケアが上位です。
この3セクターは歴史的に市場平均を上回るリターンを残してきました。
この歴史が今後も続かないと主張する根拠は見当たりません。

このHDVは私の最もお気に入りのETFです。
最近初めて購入しました。
我慢できずに買ってしまった! iシェアーズ・コア米国高配当株ETF【HDV】

 

 

DVY iシェアーズ 好配当株式ETF

継続的に配当し高配当の米国株で構成される指数に連動しており、ロッキード・マーチンなど100銘柄で構成されています。

「高」配当と「好」配当は何が違うのかよくわかりませんが、印象としては好配当は高配当利回りを追求するだけでなく、増配歴史や配当成長も重視しているようです。

経費率は0.39%とHDVと比べるとやや高いです。

銘柄は高配当ETFのHDVとはかなり異なります。
公益事業セクターの割合が約30%と高いのが特徴。

HDVはグローバル巨大企業が多いです。
対して、このDVYはアメリカ国内をメインとするエネルギー、電力供給企業が多く含まれています。

個人的にはHDVの方が好みなのですが、5年間リターンはHDV(12.7%)よりDVY(13.2%)の方が良いです。

DVY_1

 

DVY_2

DVY_3

 

 

 

ACWI iシェアーズ MSCI ACWI ETF

先進国および新興国の大型・中型株で構成される指数に連動し、組入銘柄数は1290。

世界中の株式市場にこれ一本で投資完了です。

バンガードのVTに相当するETFですが、経費率は0.33%とVTの0.14%と比べるとやや見劣りします。

ACWI_1

ACWI_2

ACWI_3

ACWI_4

 

 

 

 

KXI iシェアーズ グローバル生活必需品 ETF

ネスレ、P&G、コカコーラなどグローバル生活必需品セクター銘柄で構成されています。

このETFもHDVに次ぐ、かなりのおすすめ銘柄です。

生活必需品セクターは歴史的に高いリターンを生んできました。
そんな生活必需品セクターにしかもグローバルに投資できるETFです。

バンガードのVDCは米国限定なのに対して、このKXIはグローバルなのでスイスのネスレもしっかり銘柄に入っています。
そのネスレが組入比率1位です。

経費率は0.47%とやや高いですが、それに見合う価値あるETFだと思っています。

私個人的には生活必需品セクターはバンガードのVDCを選択していますが、このKXIも将来的に投資する可能性はあります。

KXI_1

 

KXI_2

KXI_3

KXI_4

 

 

 

IXJ iシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF

ノバルティス、J&J、ファイザーなどグローバルヘルスケアセクターの90銘柄で構成されています。

ヘルスケアセクターもまた生活必需品セクターと同様に、市場平均を上回るリターン実績を上げてきました。

そんなヘルスケアセクターに限定してグローバルに投資できるETFです。

IXJ_1

IXJ_2

IXJ_3

 ブラックロックはグローバルに投資できる優良ETFが多い

ブラックロックのETFはバンガードに比べるとややコストが高いです。
といっても、バンガードが安すぎるだけなのであって、ブラックロックのETFも十分安い水準です。

ブラックロックのETFの強みはグローバル投資です。

特に生活必需品セクターに投資するETFで米国限定ではなく、グローバルに投資できるのは恐らくブラックロックのKXIだけではないでしょうか。

ブラックロックは世界最大の資産運用会社です。
銘柄選択を誤ることなく、上記であげたような優良低コストETFに長期投資すれば結果は後から付いてくるはずです。

 - ETF紹介・分析