Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

バランスシートで家計管理(2018年第4四半期) 株損大赤字を改めて確認。は~しんど。

   

3月、6月、9月、12月と年4回バランスシートを作成して家計管理しています。3ヵ月前のBSと比較して純資産がどう変動しているかチェックしています。かなりざっくりした管理方法ですが、コスパがよくもう5年近く続けています。

は~、12月末時点のBS作らなあかんってわかってるけど腰が重い。株価が暴落して純資産が食い潰されてるってわかってるからね。冬のボーナスなんかじゃカバーし切れないくらい株式時価は下落しました。

サボるわけにもいかないので作りました。では3ヵ月前9月末のBSと並べて公開します。

資産合計:▲100万円
負債合計:▲21万円
純資産:▲79万円

うん案の定、純資産は減りました。79万円のマイナス。これを①株式評価損、②配当、③家計収支の3要因に分解します。

①株式評価損:▲268万円ww
②配当:+19万円
③家計収支:+168万円
合計:▲79万円

は~、こういうのが明らかになるからマーケット不調時のBS作成は心労が大きいです。わかっていたことですが、株式評価損はこの3ヵ月で▲268万円というとんでもない金額に・・。過去最悪です。

配当は19万円で気休めにしかならない。ボーナスもあって家計収支(給料-生活費)は+168万円と頑張りましたが、株損を埋めるには足らず。ネットで純資産は▲79万円と大赤字。

ちなみに、BSの右下にある「評価差額金」ってのが僕のポートフォリオの含み損益です。9月末は100万円超あったのに、たった3ヵ月で▲163万円にまで下落。しんど過ぎるわ~。マーケットに居続けることの厳しさを感じています。

ただポジティブに捉えると、この厳しい3ヵ月でも純資産は▲79万円と総資産に対する比率は▲3%程度で収まったとも言えます。サラリーマンとしてのインカムがあるおかげです。固定収入はありがたい。

債務も少なく自己資本比率は96%。手元現金は短期債務である「カード債務」を差し引いたネットでも200万円以上あります。当面の資金繰り、追加投資に対する不安はなし。

株損の時にBS作るとしんどい気持ちもありますが、スッキリもします。株損を一旦認識して、また心機一転がんばろ~って気持ちになります。翌四半期はプラスになればいいなと気持ちを入れ替えます。まあ、マーケットはコントロールできないので、どうしようもないですけどね。

ってことで、12月末のバランスシートでした。

 - 家計