Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

アラガン買収に630億ドル! 僕のアッヴィ株価暴落(汗)

   

夕方、久々の残業中に投資アプリSeekingAlphaからとんでもないニュースが飛び込んできて頭がクラクラしました。

“AbbVie poised to take out Allergan for more than $60B”

(゚д゚)!

バイオ医薬大手のアッヴィ(ABBV)がアイランド本社の特殊医薬大手アラガン(AGN)を買収するとのこと。金額は600億ドル以上、、え~っと日本円で6.4兆円以上か・・。なおWSJによると630億ドルを超えるとのこと。武田のシャイアー買収に匹敵する額やで。てか超えとるか。

先日、ファイザーがアレイを1.2兆円で買収すると発表したばかりですが、今度はアッヴィか。保有ヘルスケア銘柄のM&Aが続きます。別にM&Aが株主利益にマイナスというわけではありませんが、短中期的には株価は低迷する可能性があります。現在6月25日のNY市場がオープンしたところですが、アッヴィの株価は13%近くも暴落となっています。

ヘルスケア業界ってホントにM&A多いですよね。年初にはブリストル・マイヤーズ・スクイブのセルジーン買収報道がありましたね。医療機器も例外ではありません。2014年にメドトロニックがコヴィディエンを4.4兆円で買収。2016年にはアボット・ラボラトリーズがセントジュード・メディカルを2.7兆円で買収しました。M&Aが多いヘルスケアセクターはETFが安心かもしれませんね。

『株式投資の未来』によれば、20世紀後半にもっともリターンが良かったセクターがヘルスケアでした。著者のジェレミー・シーゲル氏は今後もヘルスケアセクターは有望だろうと語っておられました。

ヘルスケア業界は、たしかに、いくつもの課題に直面している。新薬開発コストは増大する一方で、訴訟の脅威がつきまとい、大衆薬との競合から厳しい値下げ圧力にさらされている。

(中略)

不安材料を抱えるとはいえ、ヘルスケア業界は、米国のGDPのかなりの部分を占めており、向こう数十年にかけて、この比率が低下するとは考えにくい。バリュエーションが過去の長期的な平均を大きく踏み越さないかぎり、向こう50年にかけて市場平均を上回る公算が高い。

ジェレミー・シーゲル著『株式投資の未来』

医療の需要は間違いなく増え続けるはずです。しかし、特に新薬の開発は競争が厳しくなっています。希少疾患や治療困難と言われる認知症など、ブルーオーシャンは開発のハードルが高い分野ばかりです。規模を拡大して資本のパワーを増強しないと、生き残れないという経営判断がM&Aを加速させている一因でしょう。

ヘルスケアセクターの投資リターンにはまだ楽観的ですが、特に製薬会社の投資判断は慎重を期す必要があると思っています。『株式投資の未来』を読むとかつての製薬会社のバリュエーションは今とは大違いだったことがわかります。20世紀後半の平均PERはファイザーが26倍、ブリストル・マイヤーズ・スクイブが24倍、メルクが25倍です。S&P500平均よりも遥かに高いPERです。今の医療機器大手アボットラボラトリーズと同水準です。業種は異なりますが、コカ・コーラやペプシコ、プロクター&ギャンブルといった現在の生活必需品企業のバリュエーションに近いです。

つまり、ここから推測されることは、50年前の製薬会社は今ほどリスキーな投資対象ではなかったということです。大型薬の開発競争もあったでしょうが、それよりは消費者向けの大衆薬で安定した利益を持続させていたのではないでしょうか。今みたいにウン兆円の大型M&Aが頻発する業界ではなかったはず。当時のことは知らないですけど。

翻って、現在の製薬会社はどこも低PERかつ高配当利回りです。業績が好調なファイザーですらPERは15倍ほどです。アッヴィのPERは8倍弱でした。製薬メーカーはかつてより一段低いPERで評価されるようになったわけですが、それを割安と喜んでいいとは思えないです。PERが下がるのには相応の理由があると考えるべきです。

莫大な開発投資は間違なく世界の医療レベル向上に貢献しますが、それが株主利益に貢献するのかはよく考えて株を買う必要があるなと最近感じている次第です。今のところファイザーは結構な含み益で配当もそこそこもらっていますが、アッヴィは配当じゃあ全く埋めれないほどの含み損です。

難しいね~投資って。いくら考えても答えはわかりません。医療機器メーカーの方が将来見通しは安定していそうですが、その分PERも高めです。やっぱり(自称)バリュー株投資家として、低PER・高配当銘柄に目がいっちゃうのが本音です。低PER=バリュー株ってわけじゃないのはわかってるんですけどね。

かつて同じ企業だったアボットラボラトリーズとアッヴィ(2013年に新薬開発部門がアッヴィとして独立)。片やPER25倍、片やPER8倍。割安感で飛びつくなら後者なんだろうけど、長期投資では前者を買うのが正解なのかも。わからんけどね。まあ一概には言えないですね。ケースバイケースか。

今アッヴィの株価を見ると前日比▲15%で66.7ドルと表示されています。ふ~、しんどいな(汗)。

 - 投資実務