Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

バリューとグロースの狭間を彷徨うアップル(AAPL)への投資判断

   

バリュー株投資、グロース株投資とはよく言われる言葉ですがその定義は曖昧です。

敢えて定義を言うとしたら配当の有無があると思います。

利益、キャッシュともに成長段階の企業は無配であることが珍しくないです。これらはグロース株と言えると思います。

一方で利益成長が成熟してくると、過度な追加投資に見合うキャッシュが得られなくなる時が訪れます。その時初めて企業は配当を出し始めますし、場合によっては自社株買いも行います。このように有配で積極的な株主還元を行っている銘柄はバリュー株と呼んでいいと思っています。

スポンサーリンク

  アップルはバリュー兼グロース

アップルは数年前まで無配の成長株でしたが、ここ数年は配当も出しているし自社株買いも積極的になっており、アップルはグロース株からバリュー株へ変わったという記事を以前書きました。

参考記事
バフェット銘柄のアップル(AAPL)はバリュー銘柄だ! アップルは買いだ!

【AAPL銘柄分析】アップルは長期投資にふさわしい黄金バフェット銘柄だ!

これはアップルの株主還元の状況をグラフにしたものです。

AAPL株主還元

2011年度まで無配で自社株買いもほぼゼロでしたが、2012年度から配当を出しはじめ自社株買いも積極的で総還元性向は100%を超えています。

最近やはりアップル株への認識に間違いはなかったなと思ったことがありました。

バロンズの記事です。

バロンズによれば、現在アップルはグロース株ETFにもバリュー株ETFにも含まれているということです。

アップルは現在も時価総額が世界最大の企業であり、調査会社のXTFによれば、15本のグロースETFの構成銘柄であると同時に、8本のバリューETFにも含まれている。

(バロンズより)

バリュー株とグロース株とを分ける意味はないのかもしれませんが、アップルは上述の通り積極的な株主還元を開始しておりPERも13倍程度なので、どちらかと言われれば私はバリュー株だと答えます。

グーグルやフェイスブック、アマゾンなどは無配でPERも高めのグロース株という印象ですね。

さてこのことからアップルに対する投資判断として私が今思っていることは、「もはや急いでアップル株を買う必要はない」ということです。最近株価も切りあがってきていますしね。

もう利益の100%を株主に還元するようなお金の使い方をしている以上、アップル株でモメンタム投資戦略で一気に儲けるという手法は無理です。

バリュー株投資戦略としてゆっくり配当再投資を続けて長期で儲けるという方法でしかアップル株は使えないと思います。それは成熟企業としての宿命です。

でもバロンズが記事にしている通り、アップルはまだ完全にグロース株からバリュー株への脱皮ができていない状態です。要は中途半端な状態です。

米国にはコカ・コーラやフィリップモリスなどバリュー株投資戦略に適した超優良企業がゴロゴロあるのに敢えて半端なアップルに投資しなくてもいいのではないかなと、今は考えています。

最も儲かる投資方法は、将来優良バリュー株に変身するグロース株を初期の段階から保有しておくことです。ただそれは一般の個人投資家にはなかなか難しい投資法です。それはシリコンバレーのベンチャーキャピタルが万に一つの確率で成し遂げられる投資です。

別に私はグロース株投資戦略を否定する気は毛頭ありません。むしろグロース株を積極果敢に買う人の方が当たった時の儲けは大きいし、そういう人の方が長期投資家よりもよっぽど株式投資について勉強熱心な人が多いと思っています。バリュー株長期投資はよほど商品選択・銘柄選択を誤らなければ不勉強でも儲かりますから、時間はかかりますが。

グロース株戦略を否定する気はないし、むしろ1度くらいチャレンジしてみたいくらいです。

要は人それぞれ、投資戦略が違うだけです。バリュー株投資もグロース株投資も戦略が違うだけであって貴賤はありません。

ただ投資戦略ははっきりさせたほうがいいと思います。何事も中途半端が一番いけません。

長期バリュー株投資なら成熟優良企業に分散投資でホールドし続ける。中長期グロース株投資なら将来有望な成長株を集中投資でホールドする。短期投資なら相場を見極めて他者を出し抜いて利ザヤを稼ぐ。

どれも立派な投資戦略です。

アップルはグロース株戦略で使うべきか、バリュー株戦略で使うべきか中途半端だと感じています。
先ほど言いましたが、私はどちらかと言うとアップルはバリュー株だと思っていますけど。

マイクロソフトは連続増配年数が12年にもなる正真正銘のバリュー銘柄ですが、今のマイクロソフトくらい株主還元実績を確認してからアップル株を買っても全く遅くはないと思います。

アップルはやや割安気味で「買い」だと心の中で思っているところはありますが、ここはグッと我慢しようと思います。

でもアップル株いいよね!!バフェットも買ったし。iPhone7欲しいな。

 - 投資実務