Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

S&P500やNYダウに投資している人はもっと優越感に浸っていいと思う

   

このブログにいらっしゃる方は、S&P500ETFやNYダウETFなどの米国株インデックスに投資している人も多いかと思います。いやあ、いつも言っていますけど米国株インデックス投資ほど簡単で長期的に儲かる投資法はないと思います。

別に媚びへつらうわけでもなく本心から言いますが、米国株インデックスに投資しているあなたは超優秀ですよ!

間違いないです。あなたは個人の資産運用業界において投資リテラシー上位1%にいると思います。

上位1%ってことは偏差値でいうと70オーバーです。経済学部の大学偏差値でいうと、東大、京大、一橋大クラスですね。米国株インデックス投資家のあなたは個人投資界の東大生と言っても言い過ぎではありません。

S&P500ETFなどを知って実際に積み立てを始めると、それが当たり前になってくると思います。1557やVOO、VTIなどの優良商品を買っている人が多いと思いますが、それは凄いことですよ!

もっと自分に自信を持った方がいいです。

この世には一体いくつの金融商品があると思っているのですか!?
すべての投資信託とETFを合わせれば500以上あると思います、いや1000以上あるかな。ちょっとググったのですが調べきれませんでした。

とにかく世の中には無数の金融商品があります。そして、それらの投資信託やETFのうち95%は無用の長物だと言えるでしょう。特に長期投資という目的に適う商品はと言われたら全体の1%もないかもしれません。

そんな数ある金融商品の中で長期投資に相応しいものの一つが、米国株インデックス投資商品です。最も長期投資向きだと思います。

日本株の低コストインデックス投資も悪くない選択かもしれません、実際私も昔は日本株を買っていました。しかし、今は米国株への集中投資が正解だと考えが変わりました。それは米国が成長するからではありません。米国が、経営者の意識においても法制度においても最も株主保護が進んでいるからです。

あなたはどうやって米国株インデックス投資という正解に行き着いたのですか?

不思議ですね。

私の話をさせてもらえば、社会人になってから偶然書店で立ち読みした投資本に感銘を受けてたのがきっかけでした。それからたくさん投資関連の書籍を読み漁りました。でも最初出した結論は「世界市場への分散投資」でした。米国だけでなく、むしろ中国など新興国への投資が大事だと思いました。

バンガードのVTが最強だと信じて疑っていませんでした。

今はそれは間違いだったと気付き、米国株のみ保有しています。(別にVTが悪い商品とは思っていません。)

中国やフィリピン、ベトナムとか成長している熱い国へ投資したくなる気持ちって自然ではないですか?
企業が成長するから株主も相応のリターンを得ることができるって誰しも思いますよね。

でも、それは誤りでした。成長の罠に嵌ってはいけません。シーゲル教授が教えてくれました。

成長期待の高い企業は株価も割高になりがちなので買値が吊り上がり、配当再投資が非効率です。また、新興国は法的にも十分に株主利益の保護がなっていないという問題もあります。

私は結局書籍がきっかけでした。本を読むことで米国株投資という正解に行き着きました。本当に米国株が正解かは未来にならないとわかりませんけどね。ですが、私は米国優良株ないし米国株インデックスへの長期投資を上回る方法はないと信じています。過去の株価推移を見れば明らかです。歴史を振り返れば、少なくとも日本株へ長期投資する気はなくなります。

あなたは、何をきっかけに米国株投資を知って実際に米国株に投資しているのですか?

私と同じように書籍でしょうか、それともブログ、知人の紹介?

まあ別に何でもいいんですけどね(笑)。

どういうきっかけにしろ、S&P500やNYダウに長期投資をするという判断に行き着くということは、あなたが優秀だということです。自ら積極的に考え行動しないと、先ず投資をするという選択肢すら持たないのが現在の日本の状況ですから。

おだてるわけではありませんが(あなたを褒めても私に何のメリットもない笑)、やっぱり米国株に長期投資しているあなたは優等生ですよ。

 

あの、ちょっと嫌味な自慢っぽいこと言ってもいいですか?
ムカついたらすみません。

私は某旧帝大卒でしかも学生時代に会計士試験まで合格してて、ぱっと見の経歴はぶっちゃけエリートだと思います。転職の時に自分の履歴書を書いてて「いやあ~我ながらすごい経歴だな、、」って思っていたくらいです、自分で思うとかただのアホですね。書類選考は必ず通るけど、面接はボロボロでした。。

社会に出て働き始めたら学歴など一切関係ありません。それは当然です。お金を稼ぐとは社会に価値貢献することですが、価値貢献と学歴は何の関係もないですから。高学歴や資格は転職で有利だなってのは実感してますが、そこまでですね。社会に出れば関係ない。

という前置きはしておきます。

別に経歴自慢をしたいわけではないので不快に思わないで下さい。。よければ閉じずに続きを読んで下さい。

でね、私は誰もが知っている某巨大企業の本社経理部門にいます。格好いい表現を使えばグローバルヘッドクウォーターです。

結構少人数です。

そこで一緒に働いている同僚と上司の出身大学暴露していいですか。

経理部長(男):慶応義塾大学
同僚A(男):早稲田大学
同僚B(男):東京大学
同僚C(男):大阪大学
同僚D(女):上智大学
同僚E(女):東京外国語大学
同僚F(男):一橋大学
同僚G(男):早稲田大学
Hiro:某旧帝大

キモいでしょ!?笑。この高学歴集団ww。

はい、別に出身大学を紹介することが趣旨ではありません。

言いたいことは、この中でまともな株式投資をしている人など一人もいないということです。経理部長はあまりプライベートなことまで話さないので知りませんが、同僚は誰も株式投資について知りません。

一人かろうじで、早稲田のG君はNISAでインデックス投資をしているようです。最近すべて売却したそうですが。

少なくとも米国株投資をしている人なんて誰もいません。

経理部って証券市場に最も近い場所です。株式を買ってくれる投資家や株主に向けて決算書を作っているのです。それなのに誰も株式投資をしない、興味ないって不思議だと思いませんか?

アパレル系で働いている人は、だいたいオシャレや洋服に興味があるでしょう。

ディーラーで働いている人は、だいたい車に興味があるでしょう。

経理部で働いている人は、だいたい株式市場に興味があるはず、、では。

いや~ないんですよね。それが。

でもそれは仕方ないことかも。アパレルで働く人はもともと洋服が好きない人が自ら志望して就職することが多いでしょうが、企業の経理部って会社の配属命令で嫌々来る人の方が多いですからね。

でもね、それでも長く経理部にいれば嫌でも株式市場に興味を持って、株式投資をやってみようという発想になる方が普通だと思うのは私の思い違いでしょうか?

あなたに知って欲しいこと、それは大企業の経理部門というおよそ最も証券市場に近いところで働いている人(しかも無駄に高学歴w)すら、株式投資の必要性に気付けていないということです。

みんな株式投資について何も知らないです。飲み会とかで少し話題に出しても、「ふ~ん、興味ね~」って感じです。

株式投資をするしないの判断はひとそれぞれですから、別にどうこう言うつもりはないのですがね。

正しい株式投資の知識を得て、それを実践に移すってとてもハードルが高いんです。

あなたは自分のその投資法、S&P500に長期投資するというその投資法を普通だと思っていませんか!?

いやいや、すごいですから。自信を持っていいです。あなたは優秀です。間違いない。保証します。

あなたは上であげたような高学歴でもなく、有名な上場企業には勤めていないかもしれない。でもあなたの方が私の高学歴の同僚たちよりもお金持ちになると思いますよ(別に競う意味はないですが)。株式投資にはそれくらいの力がありますから。1億円くらいの生涯収入の差は余裕で埋めれます。

2014年に92歳で他界されたロナルド・リードさんは株式投資で富を築いて約10億円の資産をお持ちでした。彼の職業はデパート店員やガソリンスタンド店員です。失礼ながら高収入とは程遠いブルーカラーです。でも都会でストレス抱えまくって働いているエリートホワイトカラーよりも生涯収入は多いです。それが米国株投資の潜在力です。

正直言ってサラリーマンでガツガツ働き過ぎて年収が上がっても税金や社会保険が上がるだけです。ほどほどに仕事をこなしながら米国株で長期投資っていうのは賢い生き方だと思います。サラリーマンとして優秀になるより、投資家として優秀でいた方が絶対に人生お得です。

 

アメリカの有名なマーケターにダン・ケネディというお爺ちゃんがいます。彼の自己啓発教材は面白いですよ。

彼は言っています。

人生で経済的に成功する人はみな自分は人より優秀だという優越感を持っていると。もちろん、それを人には言いません。密かに思っているのです。他人に「お前は馬鹿だな~、俺はこんなに優秀なんだぞ」と言ってしまったらそりゃ大顰蹙ですよね笑。

でも自分の中で密かに優越感を持つ事はいいことだと彼は言います。

なぜか?

それは自分が優秀だと優越感に浸っている人は、大体本当に優秀だから、とのこと。

だからね、あなたも思うべきです。

自分は優秀な投資家だ!と。

あの、密かに思ってくださいね。周りに「株式投資も知らないの馬鹿だな~お前、俺みたいに米国株への長期投資に気付くのが優秀な投資家なんだよ」とか言ったらだめですよ。心のなかでも思ってくださいね。ブスな女の子に「お前ブスだな」って言ったらいけないのと同じです。太っている人に「お前デブだな」って言ったらいけないのと同じです。

自分は優秀な投資家だと密かに優越感に浸っているあなたは、恐らく本当に優秀だから大丈夫です。たぶん、いつか億万長者になって悠悠自適に暮らしていることでしょう。

米国株インデックスへの長期投資は必ず大きな富を生みます。あなたは未来の億万長者です。もっと自信を持って優越感に浸っていいと思いますよ。

P.S.
ダンケネディは、自分が優秀だと密かに思わずにそれを公然と周りに言い放ってしまう奴がドナルド・トランプだ!と言っていました。(この教材が作られたのは、もちろんトランプ氏が大統領候補になる前です。)

いやいや、そのトランプさんが今あんたの国の大統領ですけど大丈夫?www

 - 投資理論・哲学